« A-Bike PlusをBikeにつんで3km | トップページ | A-Bike Plusを新幹線に積んで東京出張 »

2011年5月30日 (月)

1000年に1度の地震は想定外か?

機能安全規格IEC 61508で規定される安全性のレベルSILで、最も安全性の高いSIL 4では安全関連部の故障率を10^-4 から 10^-5/年、すなわち1万年から10万年に1回の故障率を要求している。原子炉もSIL 4の安全性を要求されると考えられる。すなわち、原子炉の設計では1万年のオーダーで何が起こるか考えるのが妥当である。1000年に1回の地震を考慮するのは、SIL 4の世界では当然と思う。さて、この視点での議論が社会にでるかな。追記(110601):隕石衝突は100万年に1回ぐらいのオーダーらしいので、隕石衝突は原発でも考慮する必要はなさそうです。

« A-Bike PlusをBikeにつんで3km | トップページ | A-Bike Plusを新幹線に積んで東京出張 »

サービスロボット安全」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546959/51805231

この記事へのトラックバック一覧です: 1000年に1度の地震は想定外か?:

« A-Bike PlusをBikeにつんで3km | トップページ | A-Bike Plusを新幹線に積んで東京出張 »