« ストックホルムの正月風景@スウェーデン | トップページ | トップケースの重量超過で走行 »

2010年8月22日 (日)

鼎泰豊@台北(飲茶)

日本にもあるようだが、台北のSOGOのBF2の店に行ってきました。予約を受け付けず、1時間待ちでしたが待つ価値ありです。受付で、予約番号をもらって待ちます。長い時間の待ちは、SOGOや周辺で土産を買っていれば、すぐに時間が経ってしまいます。ただ、なんせ行列がすごいので、自分の順番の時にいないと、いつ食べられるか分からないので、早めにもどりましょう。予約番号が何番まで来たかは、大きく表示がされるので、言葉がわからなくても、待ち状態の確認はOKです。早めに見せに来たら、ガラス張りのケースの中で飲茶を作っている様子を見ながら、時間をつぶしましょう。職人さんがマシーンと化して飲茶を作っています。餃子のヒダなど2mm感覚。小龍包は、食べる時には1つも破れなし(皮の厚さが均一)。びっくり仰天の技術は、見ていても飽きないです。中には、修行中の人も、もたもた作っており、それはそれで、見ていて面白いです。最初の注文は、待っている間に、表に自分で記入します。写真入りのメニューが外に掲示されているので、それを見て頼めば、言葉不明でも全くOK。ただし、1欄に2つの選択があるものは、該当する数字に分かり易く○をつけましょう。たまに誤発注有り。入店後は、怒濤の勢いで運ばれてきますが、コクがあるのにあっさりしていて、とっても美味しいので、どんどん食べられます。実は、チャーハンが、印象的でした。うっとりするほど良い匂いの、香気あふれるチャーハンでした。ジャスミンティーはお代り自由、ウーロン茶は有料でした。店員さんの数も多く、言えばすぐに気持ちよく対応してくれます。1時間待ちで30分食事でしたが、大満足、死ぬほど飲み食いして1人500元(=1500円)程度でした。ただ、チマキには注意しましょう。美味しいのですが、とっても大きいので1人1個などは頼まないように。味見程度なら4人で。我々は、これで大失敗しました。かなりお腹いっぱいのところに、4人に2つの巨大チマキが来て、罰ゲーム状態で食べていました。観光客でなく、一般台湾人も沢山来ています。おすすめ度90点。

« ストックホルムの正月風景@スウェーデン | トップページ | トップケースの重量超過で走行 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事