« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月22日 (木)

「財政運営戦略」にて示された「中期財政フレーム」

低迷する日本をよみがえらせるためには、各所でのイノベーションが必要。イノベーションの源の1つは高度な教育。2010年6月に閣議決定された「財政運営戦略」にて示された「中期財政フレーム」をそのまま大学にあてはめると、大学は死にます。そのことが、関係者は解っているのでしょうか。例えば下記URL参照。日本の財政再建が急務であることは、100も承知していますが、その進め方は大胆かつ、慎重にするべきです。場当たり的政策のつけで、イノベーションの源をつぶさないでください。

【長岡技術科学大学学長緊急アピール】平成23年度からの中期財政フレームに関する要望
http://www.nagaokaut.ac.jp/j/news/100720.html

2010年7月19日 (月)

アキレス腱断裂な日記

昔書いた日記の再掲です。治療中は、ネットで色々情報収集でお世話になりました。私の体験が、アキレス腱断裂な人の一助になれば幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2005/9/2(土) 断裂初日
37歳男性新潟県長岡市在住。20代までバリバリ運動していましたが、30台にはいり、めっきり運動が減りました。このままではまずい、と思い職場サッカーに参加。新潟市での
職場サッカーの試合中、アキレス腱切りました。
70分近くプレーし、もう限界、と思っていた矢先に、スルーパスに身体が勝手に反応し、
ダッシュしたら切れた。とほほ。
 サッカー参加者にお医者さんがいて「痛くても青くなるまで冷やせ。
暖かく感じ出したら凍傷の可能性があるからやめろ。」といわれ、
冷やしながら、患部を仮固定しながら近くの病院へ。
(冷やすだけでなく、自然長に伸ばしながら固定した方がよかったようだ。) 
 病院にいったら、整形外科医不在ということで9/4に再来院せよ、といわれた。
シーネ+包帯の固定のみで長岡市へ。鎮痛剤をもらう。この時点で痛みはほとんどなし。
 帰宅後、友人に松葉杖をどっかでさがしてー、と手配を依頼しておいたが、
松葉杖は医療器具なので直ぐに手配できず。普通の杖2本(1本足1本、4本足1本)を手配。
 自宅はエレベータ無しの5階。友人に背負ってもらって、移動。
適当に酒を飲んで就寝。

2005/9/3(日) 断裂2日目
酒飲んで、一日中自宅でゴロゴロ。床に落ちている紙一枚で、杖の安定性
が変わる。風呂場の10cmの段差は、濡れていて、杖を頼りの移動は、
かなり怖い。睡眠中、患部に激痛。痛み止めを飲む。なんとなく踵がいたい。

2005/9/4(月) 断裂3日目
5階の自宅から、杖突いて10分ほどかけて1階に下りる。
車を運転して長岡市内の病院へ。シーネが蒸れて、踵の皮膚が真っ白だった。昨日の
踵の痛みはこのせいか。完全断裂との診断。手術か保存療法か言われ、週末の
マレーシア出張のため現状では保存療法を選択。ギブスを巻かれ、松葉杖の
貸与を受ける(レンタル料50円/日)。福祉介護ショップで車椅子を自費レンタル。
レンタル料6000円/月。車はSUVのため、トランクに簡単に車椅子が
入るのはラッキー。
 職場では防火扉のために2cmほどの段差があるが、車椅子の前向きでは
乗り越えられず。後ろ向きに乗り越える。めんどくさい。
 5階の自宅に帰る気が失せ、駅前の車椅子対応ルーム有のホテルに宿泊を決定。
部屋のバスタブも障害者対応で手すり多めで、段差無し、
車椅子から楽に移動できる構造。
ギブスにビニールを巻いて、ゆったりと湯に身体をつける。極楽。
汗をあまりかきたくないので、とっとと身体をあらって、出る。
 缶チュウハイを飲む。血行がよくなり、足がむくみ、ギブスに圧迫され、
かなり痛い。ギブス切ろうかと思った。しばらく耐える。
ギブスしてアルコールはまずいようだ。

2005/9/6(水) 断裂5日目
 明後日からのマレーシア出張のため、医者に行って様子をみてもらう。
ムクミがひどいなぁ、と思っていたら、こんなものらしい。
人間は、下肢の筋肉の動きで、水分を身体の上に上げているので、
ギブスで下肢を固定すると、ムクミやすくなるそうだ。
人間の身体は賢いなぁ、とおもった。で、特に異常なしとのこと。
むくみ止め、痛み止め、胃薬をもらう。
なるべく、足を上げていなさい、といわれたが、仕事中はなかなか難しい。
まれに、ギブスが神経を圧迫してしびれることもあるそうで、
この場合はかなりまずいらしいが、そのような様子も無し。

2005/9/7(木) 断裂6日目
新潟から成田へ、自家用車で移動。マレーシア同行予定者を東京での別件の仕事に
行って貰ったので、自力で成田まで運転。足が浮腫んで来たら休憩、を繰り返し、
ちんたら350kmを7時間かけて移動。

2005/9/7(金) 断裂7日目
成田からマレーシアに移動。
成田空港内では、係員に先導され飛行機の直前まで自分の車椅子で移動可能であった。
飛行機内では片足ケンケンで移動。
予め車椅子利用の旨を伝えてあったので、スクリーン前の少し足元の広い場所
の席にしてもらった。荷物に足を乗せて、薬を飲んで、なんとか7時間のフライト
に耐えた。マレーシア空港では、飛行機を出ると直ぐに自分の車椅子が
待っていた。手荷物を受け取る場所で、松葉杖が別な場所に置かれていたので、
発見に少々手間取る。空港からホテルへ、ホテル内の移動は添乗員さん&
ホテルスタッフ&同行者のフォローでまったく問題なし。バリアフリー、万歳。

2005/9/9(土) 断裂8日目
 半日、仕事で車椅子に座っている。薬を飲んで何とか耐える。
机の下の様子は周囲から見えなくなっていたので、こっそり、足台を
もってきて、患足を上げて浮腫みを抑える。

2005/9/10(日) 断裂9日目
 1日、仕事で車椅子に座っている。薬を飲んで何とか耐える。
一仕事終えたので、患足によくないけど、夜、葉巻を一服。至福のとき。

2005/9/11(月)断裂10日目
 帰国。マレーシア空港内でも移動はまったく問題なし。
7時間のフライトは薬を飲んで耐える。成田から新潟まで、
自力で運転して今度は4時間で帰る。同行者には、道中、色々な
フォローを受けた。同行者は、いなくても何とかなったかもしれないが、
何かあったときに頼れるという安心感は精神的に大きい。感謝。

2005/9/12(火)断裂11日目
自宅より出勤。松葉杖で、5階まで階段を上り下りするのは
非常につらい。5階まで上ると、その後は何もする気がおきない。
マンスリーマンションで1階の部屋を探す。

2005/9/14(木)断裂13日目
 岡山出張。新潟空港から伊丹空港へ飛び、そこからレンタカーで
2時間かけて岡山へ。むくみ止めの薬を忘れてしまったが、
短時間なので何とかなった。保険代わりに同行者も道中手配。
仕事で2時間連続で座る。足を上げられなかったので、かなり
浮腫んでつらい。

2010年現在。
今は、サッカーに復帰。プレー中も断裂を忘れる。断裂な方、治ります。
信じて、がんばってください。

吉田キムチ@長岡駅1F

栃尾の吉田キムチが長岡に出店。これまでときどき、長岡駅1Fに出店していたのが、恒常的に出店となりました。京樽の後です。何でも、栃尾の山の気候がキムチに向いているとか。辛いけど甘い、そしてくどく無いない、辛さが病み付きです。スーパーのキムチより値段はお高めですが、それだけの価値はあります。ここのチンジャと新潟の炊きたてのお米、うまぁー、です。裏メニュー?は、エゴマの葉キムチでさらに、ネギトロ細巻き(適当に他の店で購入)を包むのです。エゴマの辛さ、苦みが、ネギトロのコクとなんともいえないマリアージュです。その他にも、色々なキムチが売っています。長岡駅に来たら、ぜひ、一度除いてみてください。

2010年7月18日 (日)

へんこつ屋(長岡)

手打ちうどん。すっごい町外れで、なんでこんなところに店が???という場所にある。近づくと、ノボリがいっぱいあるので、わからないことはないでしょう。300円で手打ちウドンが食べられる。本場の讃岐うどんの店には、工場みたいな店があるが、なんか、そんな感じ。殺風景な店かまえだが、かえってそれが、本場讃岐を感じさせる。天ざるウドンを頼んだが、天ぷらは揚げたてのカリカリ。うどんは、モチモチ。さすが手打ち。おやつ代わりにでも、気軽に食べに行きたい店です。

朔(さく)@長岡(和ダイニング)

ランチしかいった事がないが、コスパが良くおいしい。外見が、窓がなく一見閉鎖的だが、中にはいると全然そんな事ない。接客も大変フレンドリーで、店の外見に惑わされずに、安心して入りましょう。女性客が多いのも、うなづける。夜に行きたいなぁ、と思っているが、メニューを見ると、新潟の誇る魚介類が少ない。夜は県外からのお客さんを連れて行く事が多いので、魚介類が少ない店は行きにくい。逆に、地元民どおして行って食事するには、肉料理も色々あるので、良いでしょう。入店後は靴を脱いで座敷にあがるので、靴下に穴があいていないことを確認してから行きましょう。

アミコ(栃尾)

イタリア料理。味は本格的だが、気軽に食べられる雰囲気と価格。この味からすると、東京では倍ぐらいでもおかしくない。安心して食べられるうまさ。気取った気合いの美味さも悪くは無いが、疲れる。こういう美味さは、理屈抜きに幸せ。ワインもお手頃価格であり、皆でワイワイ言いながら食べると幸せ倍増でしょう。駐車場も7、8台分あったかな。ちょっと地方の地方ですが、ドライブがてら、ぜひどうぞ。

ハンドルバーライザー(ツラーテック製) F650GS twin

だいぶ前に購入したハンドルバーライザーを付けてみました。2cm up。価格は1万円以下で、F6パーツとしてはかなり安い方でしょう。取り付けは、関連ブログをあさって、「部品を下に落とさない」「パーツの合わせに印をつけておいて、再組付け時に迷わないようにする」を注意して、1時間ほどで終了。先達の知恵に感謝。ケーブルも延長無しで、お手軽とりつけでした。停止状態でまたがっただけでは、あまり変化は感じませんでしたが、コーナーに入っておどろき。すっごく、コーナー侵入に安定感がでました。身長160cmの私には、ライザー前には、ちょい、前傾だったのでしょう。コーナリング中もどっしり感がましました。S字の切り替えも、自信をもって切り返せるようになり、喜んで走っていたら一般道で***kmになってしまい、あわてて自制しました。これまで、コーナーの切り返しが、なんとなくタルイなぁー、ホイールベース長いし、オヤジバイクだからこんなものか、と
思っていましたが、いやいやどうして。かなりのペースでコーナーに突っ込めます。私の腕前には十分です。F6見くびってました。すいません。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »