トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

ウィンカー

F6のウィンカーボタンは左右に分かれていて、キャンセルは右。日本車のプッシュキャンセルのハンドル左の位置には、ホーンがある。慣れない時は、右折したあとに、ホーンを鳴らしてしまい、ビビってしまうことが何回か有り。ハンドル右のキャンセルを押そうとすると、アクセルが変に動いてしまい、これもビビる場合があった。ただ、アクセルを、正面握り(これは正しくない)から、横握りを意識して持つようにすると、アクセルの変な挙動も少なくなった。今まで、いい加減にアクセルを操作していたのだなぁ、とちょっと反省。バイクの慣らしが終わったあたりから、じょじょに、ウィンカーにも慣れて来た。人の慣らしも、ぼちぼち、やっています。

2009年9月27日 (日)

F650GS twin 標準スクリーンと瞬間燃費計

標準スクリーンは小さいので、意味ないのでは?という意見もありますが、実際、高速道路を走るとお腹と胸に当たる風がだいぶ軽減されているのが分かります。それぞれの場所に手を当てて、風の量を感じてみると分かります。オフ車のスクリーン無しだと、高速道路追い越し時は、歯を食いしばるぐらいの気合いがいりますが、F6+標準スクリーンでは、首上がつらいだけで、まあ、なんとか。スクリーンに伏せちゃえば、???km/hでも巡航可能。さすがアウトバーンの国の車です。でも、むやみに飛ばすよりは、ボチボチの速度で巡航し、瞬間燃費計を見ながら30−40km/lの瞬間燃費を確認して「エコだ〜(環境にもお財布にも)」と走る方が精神衛生上、良いです。飛ばすのは、高速道路を降りて、目的地のワインディング&林道についてから、というのが私の乗り方です。

ぶしや@長岡(ラーメン)

やわらか穂先メンマ、あぶりチャーシュー、シコシコツルツル麺、これらが魚粉たっぷりのスープと見事にマッチ。ネギ増100円は、ネギたっぷりで、魚粉&ネギのコラボは私のお気に入り。健康にもよさそう(笑)。接客も男衆の気合いと女衆のチャーミングな笑顔が気持ちよいです。駐車場が少々入れにくいのが難点^^;。

フロリダキッチン@長岡(洋食)

ビーフシチュウ美味!(お肉トロトロ)、カキフライ美味(コロモサクサク、中身ジューシー。タルタルソースは、個人的にはもうちょっと酸味が欲しい)、お値段ちょっと高めですが、金額に見合う満足なお味です。個室も有るし、テーブル間の距離もあるので、デートや簡単な接待にもおすすめ。インテリアも落ち着いています。ちょっとした記念日に、ワインを飲みながらの食事会なぞに、ぴったりです。

角上生鮮市場長岡店@長岡(魚屋さん)

卸がやっている魚屋さん。鮮度と値段、大満足です。色々な魚が並べられ、見ているだけでも楽しいです。週末はよくここに買い出しにいって、小さな魚やエビをオリーブオイルで炒めて簡単なつまみをつくてシャンペンを飲みながら、メインの料理を作るのがマイブームです。1人500円もあれば、満足な食材を手に入れられます。閉店間際の割引セールはより魅力的な値段ですが、種類が減るので、トレードオフが悩ましいです。

ナカタ@長岡(洋食)

老舗洋食店。最近は、長岡B級グルメの洋風カツ丼を売り出し中。お値段は、リーズナブル。料理は丁寧に作ってあり、味は安心の町の洋食屋さんの味。ランチ600円(だったかな)は、とってもお得。マンガもいっぱい有るので、一人で行っても、手持ち無沙汰になりません。奥には座敷も有り、子連れにもおすすめ。接客も笑顔でナイス。庶民の幸せのレストランです。

トルクスレンチ

F6は欧州車なので、ネジはトルクス(星形)だ。欧州では、トルクスは普通に使われているが(オーストリアで日曜大工を手伝ったら、ネジは全部トルクス)、日本では、普及はまだまだ。トルクスレンチを買いに近くのDIY店に行ったら、1つが800円ぐらい。必要なサイズをそろえると、結構な金額になりそうだったので、ネットを探すと35ピースで3000円ぐらいのセットを発見。早速購入。ロングテールビジネス万歳。品質は、価格なりですが、サンデーメカニックには十分そうです。

かわかみ@小千谷(うなぎ)

もとは山古志村にあった鰻屋さん。中越地震の影響で小千谷に移転。ウナギは、浜松から取り寄せているそうだが、中越の奇麗な水の生け簀にいれているので、浜松で食べるウナギより美味しい。米処新潟なので、米が上手いのは当たり前。注文を受けてから、裂いて蒸して焼く(時間には余裕を見ましょう!)、こだわりのオヤジの技と、秘伝(かな?)のタレ、連れて行った誰もが「わざわざ、ここに行こうと言った理由が分かった」と納得のウナギが食べられます。値段は東京の1/2〜1/3。場所は、小千谷の体育館の近くで、ちょっと分かりにくいけど、行く価値は絶対有りです。店も新築なので、清潔で気持ちよいです。オカミサンの接客も、笑顔でナイスです。

F650GS twin インプレ

2009.9にBMW F650GS (twin)というバイクを買った。購入にあたり、色々なHPを参考にさせてもらったので、私も情報発信を。前車Vmaxと比較すると、非常にラクチンなバイクで、前前車のセローを思い起こさせる。ただ、セローでの高速道路は苦行でしかなかったけど、F650GSは慣らし運転でも高速は楽勝。さすが、アウトバーンの国の車と感心した。慣らし上限5000回転で130km/hは、アウトバーンの推奨速度は130km/hと同じなのは、ちょっとおもしろかった。ハンドリングは、素直で安定、Vmaxとは偉い違い(^^;)。これを、つまらないと考えるか、長距離ツーリングの必要条件と見るかは、趣味の違いでしょう(私は後者)。いつもの峠道で、路面の凍結防止の縦溝のあるコーナーは、タイヤが変にとられて、いつもいやだったけど、F6 では、全然問題無し!びっくり!ホイールベースが実は結構長い(駐車場脇のゼファー1100より長い)。でも、走り出すと、その長さは全然わからない。シートの角が太ももにあたるのは困るが、ぼちぼち直そう。ハンドルも遠いけど、これもハンドルライザーを注文しているので、それで何とかなる事を期待。新型インフルで、新幹線移動での感染リスクがあるので、出張もF6 で行こうかな、と考えている(F6に乗る言い訳^^;)。

トップページ | 2009年10月 »